診療内容

service_img_1

子供の指令的役割の小児科
小児科全般の診療をしています。小児科医には、こどもの司令塔的役割があります。こどもに心身の症状があればまず小児科を受診しましょう。小児科で治療可能であれば、そのまま治療に入り、他科の治療を要すると判断した場合は紹介します。
当院では、漢方医療、心身医学療法を取り入れています。心理的側面を考慮することが症状改善に有効に働くことがあります。こどもの全人医療を基本姿勢に据えています。


一般診療

service_img_2

当院の小児科では一般診療を受け付けております。
小児科にかかる年齢の子供たちは一般的に体が成熟しておらず、ちょっとしたことで体調を崩しやすいものです。自然に治るのならばそれに越したことはありませんが、お子様がつらそうなときは必ず小児科を受診していただきたく思います。

お子様にも親御様にもわかりやすい説明と適切な医療を心がけております。お子様の様子がいつもと違うと感じられたときは、お気軽にご相談ください。

こどもの疾患について

主な対象疾患は以下の通りです。

service_img_3


・かぜ(発熱、下痢、腹痛、嘔吐、咳など)
・インフルエンザ
・アレルギーや慢性疾患
・夜尿症
・風疹、水ぼうそうなどの感染症

その他の症状でもお気軽にご相談いただければ、その都度適切な提案をさせていただきます。

アレルギー科について

service_img_4

アレルギーとは過剰に免疫反応が起こることを言います。免疫反応は本来体に入ってきた異物を排除するためにはなくてはならないものですが、中にはこの免疫反応が過剰に出てしまう方がいらっしゃいます。大人になってから発症する方もいらっしゃいますが、子供のうちから発症する方が多いです。

アレルギー体質は容易には変えられませんが、生活環境を工夫し治療を行うことによって症状を緩和することは難しくありません。私たちは症状緩和解消のお手伝いをさせていただきます。


このようなお子さんが対象です

アレルギーで起こる病気には以下のようなものがあります。

service_img_5

・気管支喘息
・各種食物アレルギー
・アトピー性皮膚炎
・花粉症
・じんましん

その他の症状でもお気軽にご相談いただければ、その都度適切な提案をさせていただきます。

小児健診予防接種

service_img_6

<小児健診>
当院では定期的にお子様の発育、発達を検診する小児健診を行っております。健診は、早期に病気を見つけることだけではなく、お子様の成長を数値でみて知ることのできる、良い機会ですので、ぜひご利用ください。

<予防接種>
最近は予防接種の危険性を指摘する人が増えていますが、当院としてはやはりできるだけ多くのお子様に予防接種を受けていただきたいと考えています。確かに予防接種のリスクが全くないというわけではありませんが、現在の日本の医療水準は非常に高く、定期接種、臨時接種、任意接種ともにほぼ完全な安全性が確保されています。前者二つについては万が一の健康被害の際には救済制度もあります。

予防接種を受けないことによるリスクとしては感染症にかかるリスクの増大などが考えられます。どうしても不安だという場合は一度ご相談ください。公平な観点から予防接種について説明させていただきます。

当院で行っている予防接種

service_img_7
  • ・BCG
  • ・日本脳炎
  • ・ポリオ
  • ・インフルエンザ
  • ・おたふくかぜ
  • ・ヒブ感染症
  • ・B型肝炎
  • ・水痘(みずぼうそう)
  • ・ロタウイルス
  • ・小児用肺炎球菌
  • ・MR(麻しん、風しん)
  • ・四種混合
  • ・子宮頚がんワクチン

以下のお子様は予防接種を受けられません


・明らかな発熱(通常37.5度以上)があるお子様
・受けようとする予防接種の病気に現在かかっているお子様、また、かかったことのあるお子様
・その他、医師が不適当と判断した場合